April 2007

April 30, 2007

私が所有しているデジカメ(EOS KissデジタルN)を奥さんに触らせたくないので、7年前に買ったIXYデジタル(200万画素ぐらい)をちょっとした子ども撮影のスナップ用に譲っていたのですが、どうもそれでは不満らしく、安い初心者向けのデジカメを奥さん用として購入しました。




(写真1:OLYMPUS FE-220表)
39db3720.jpg



(写真2:OLYMPUS FE-220裏)
a18448b0.jpg



デジカメを買うならポイントの事も考えて「ヨドバシ」であろうと思っていましたが、家の近所にある「カメラのキタムラ」の新聞チラシを見ていたら、なかなかどうしてお買い得そうな商品ラインナップ。

一番安かったのがこの「OLYMPUS FE-220」という奴。


IXYを下取りに出して、512Mのメモリ付き、710マソ画素で18800円。(実際のところ、割安感があるのかどうか不明ですが。。)


まあ、安いだけあって感度調整がマニュアルで出来なかったりするわけですが、初心者向きのちょっとした撮影にはいいんではないでしょうか。
(ちなみに当ブログの撮影は、ほとんど携帯のカメラで撮影)




しかし、7年前に5マソも出してかったIXYが1000円で下取りとは。。






at 14:33│コメント(2)

April 27, 2007

来月またまた会社の取材に行くハメに。


いいかげん、私のカメラに頼るのはやめて欲しいが(つーか、業務で使うんだったらカメラぐらい買えよ!会社!)、家族で出かける時もカメラむき出しで車に放りこんでいたので、前々からなんかカメラバッグを買おうかなと思っていました。


(写真:ヨドバシで買ったカメラバッグ)
ef922921.jpg




こーゆーバッグに入れるときって、レンズとボディってバラバラにして入れるもんかいね。実際に入れてみたら結構容量食っていますね。


(写真2)
c775f7f3.jpg


中の仕切り(マジックテープで移動可)をずらせばハンディカムも一緒にはいるかな。







at 11:58│コメント(0)

April 25, 2007

 
博多駅の新幹線自動券売機付近に、フレッツの光(?)が体験できる無料のネット閲覧PCが置いてあります。






時刻表や、東京の情報等を見ている人はよくいるのですが、この間この街頭PCでmixiの足跡を開いて「ニヤー」としている野郎がいました。




(写真)
18211f22.jpg


しかしこの街頭PC、キーボードの部分は触れないようになっているのに、どうやって自分のmixiにログインしたんだろう。。




at 11:41│コメント(0)

April 23, 2007

今週末、うちの会社が運営している店舗の様子を動画でwebに掲載するらしく、その撮影に行く事に。


で、前回同様今回の撮影も私が引き受けることに(動画ぐらいちゃんとした業者つかえ!(゜Д゜)ゴルァ! )。


しかし、動画撮影の機材なんてうちの会社には無いジャン、と思ってたら上司が福岡の某老舗電気店からHDDのハンディカムをレンタルで持ってきた。


(写真:手前が今回借りたやつ。奥は自前のDVテープ方式の)
8fdcd2b9.jpg



しかし、デジタル機器の進歩ってすごいですね。

私が持っているハンディカムより数倍軽く、取回しがラクチン。
(私のハンディカムはたしか2002年頃購入)

しかもHDD記録方式なので、DVDメディアへの変換も一発で楽勝みたいです。(使ったことはないですが、ダイレクトDVDってボタンがあったから、おそらくは簡単に落とせるのであろう。。)

それと以外とベンリと思ったのが、レンズカバーの開け閉めの部分。
私のは取り外し式になっていているのですが、会社レンタルのはシャッター方式で開け閉めできます。(撮りたい時にシャコっと開けれていい感じです。)




at 18:04│コメント(6)

April 19, 2007

冬の間は新幹線通勤で本を読みたいので、ipodをあまり持ち歩きません。(音楽聴きながら本が読めないタチです。)


暖かくなってくると、約10kmの道のりを自転車通勤するので音楽を聴きながら走ります。

e70369c2.jpg

自転車とはいえ、10kmの距離はけっこうヘばります。




へばったときには、ヘヴィメタルがよく効きます(笑)。

冬の間はitunesから転送していなかったハードロック系を自転車通勤のためにipodに転送します。



アイアンメイデン(参照)が転送されてきました。

アルバムは「パワー・スレイヴ?死界の王、オシリスの謎? - Powerslave -」です。


毎年この季節になり、このアルバムを聴くたびに「あーこれぐらいのギターなら俺にも弾けそうだ」と思いながら自転車通勤をしています。。









at 15:49│コメント(0)