November 2006

November 28, 2006

山本英夫「ホムンクルス」をいまさら読み始める。
まだ1巻目なので、面白いかどうか不明。

頭蓋骨に穴をあけることによって脳の圧迫を緩めてやり、脳の血流量を活発にし、
それによって第六感を覚醒させる?みたいな。


bd908053.jpg

ちなみに頭部穿孔とは←ウィキペディアへのリンク





山田玲司「絶望に効く薬」2巻。
俺はまだこれを読んでいたのか。。_|?|○

↓昔の記事で絵が好かんとかいいつつも、ほぼ全巻買う勢い。
(なぜか逆の巻から買って行っている。)
今回は特にこれといった読みたい人物は載ってなし。

cfcaf498.jpg





「エウレカセブン」DVDの6巻みる。
全体的な醸し出す雰囲気はやっぱりエヴァだが、作画とデザインはかなりの高品質。
タルホの声=ミサトの声と思ってたら違ったのね。。

26b05c83.gif

↑こんなんではない。。。


at 10:40│コメント(2)

November 24, 2006

最初のうちは、週末ぐらい自炊してメシを作ろうと思っていましたよ。



でも、どうせ2ヶ月ぐらいしたら嫁が帰ってくると思うと、メシ粒すら炊く気が起こらない。。(結婚してない時は、最低限週末はカレーとかシチューとかの作り置きをしていたのよ)




とは言え、どうにもコンビニ弁当&外食ばかりでは塩分濃度が高い。



でもめんどくさい。


でもコンビニ飽きる。。




そんな事をウダウダ悩んでいたとき、いつも帰りに寄る新幹線乗り場の2階にある本屋で、とある本をみつけましたよ。







7a5c929f.jpg

がんばれ自炊くん!




ほぼ日刊イトイ新聞に連載されている内容を本にまとめたみたいね。


内容は、コンビニ弁当ばっかり食っている若いサラリーマンが鍋ひとつ、フライパンひとつで心もお腹もみたされるご飯を自炊してつくろう!といった感じ。



通勤の途中にツラツラ読んでいたけど、この本、頭から順番に読んでいく本じゃないですね。

ザラーっと気になる料理レシピを眺めていて、「ああ、これなら作れそう!」ってところに印つけて、実践してみるみたいな。



んでこの本買ってなにか作ったかといったら、
なにもつくっていないですよ。。_|?|○







at 14:31│コメント(2)

November 21, 2006

最近、つとに自分は物を知らないということを実感している35歳の俺。


本屋で「のだめ」の16巻が出ていたので買ったのだが、15?16巻にかけて「バソン」と「ファゴット」という楽器の名称が頻出。





バソンやらファゴットとか知らんよ俺は。35歳。_|?|○

と思っていたら、なんかテレビでオーケストラをやっていたので見ていたらそれらしい楽器を吹いている人を発見。

30a9ef52.jpg


これがなかなか画面フレームに写らない写らない。ハープよりも画面露出が少ない。。


↓こんな団体があったのね。
日本バソンの会

↑トップレベルドメインはちゃんと「org」なのね。

at 09:34│コメント(2)

November 10, 2006

嫁が居なくてベントーが無いので、ホカ弁食う。



8ab6eeb6.jpg


ビックチキンカツ弁当のチーズがかかったやつ(濃いなぁ)。

溶けたチーズが上ぶたに引っ付くのを防止するため、チーズの上に薄いセロハンみたいなのが被さっていたが、そのセロハンを剥がすと剥がしたセロハンの方に溶けたチーズがベロッとついて、意味ない。。

カツ自体は普通だが、揚げたてだったのか、コロモがサクサクして美味し。

キャンペーン期間中にもう一回ぐらい食おうと誓う。

at 14:07│コメント(0)

November 08, 2006

僕はSEじゃないけど春日図書館でなにげに手にした本を読了。



59bae96a.jpg


大規模システムを発注するクライアントとそれを受注するシステム会社の話。

システム会社内でのSEや営業や上司や部下や派遣の子会社社員がうだうだと自分勝手な意見を考えて、それに神の声がアドバイスするみたいな。

ページ数が足らなかったのか、最後は結論でないまま尻切れトンボで終了。

at 15:12│コメント(0)